未来の環境を創る仕事

紙の原材料となるチップや古紙の荷受け払出し業務、工場のエネルギーとなる
ボイラー燃料の供給や灰の再処理に伴う運搬業務を担っています。

古紙受入・払出業務
日本全国から回収されてきた新聞・段ボール・チラシ・雑誌等、一度使用された紙類を原料に、紙として再生するための工場の入口として、受け取りと製紙原料製造工程へ供給する業務を行なっています。
古紙荷受け
日本全国から集荷された古紙は、大王製紙三島工場へ船とトラックにより毎月 40 品種100,000トンが運搬されてきます。禁忌古紙混入の検査を行い、検査を通過した古紙は、フォークリフトを使い古紙倉庫内の保管場所へ積み、再生作業の準備を行います。
古紙投入
生産する紙の品質に合わせ古紙を保管場所からフォークリフトを使い運搬し、 不良古紙が混入していないか再度確認後、古紙投入コンベアへ載せ、古紙の再生がスタートします。
木材チップ受入・払出業務
国内の森林はもとより、南米・オセアニア・東南アジアの管理された森林で生産され大型船で運ばれた輸入木材チップを、樹種別に工場に受入れ、パルプ製造工程へ供給する業務を行っています。
輸入チップ船からのチップ受入
大王製紙のチップ受入れは臨海工場の優位性を活かし、輸入チップ船と陸上のチップ 搬送設備を連結させ、チップコンベアとスタッカークレーンを使用してチップヤード内にチップを降ろします。チップヤード内では、重機を使用して産地別、樹種別にチップ山を作り分け、在庫管理をしています。
チップヤードからチップサイロへの払出
産地別、樹種別のチップ山をブルドーザで切り崩し、チップを搬送するための事前準備を行い、その後、ホイルローダを使ってチップを搬送し、コンベアへ投入します。
チップサイロの受入
大王製紙パルプ製造部門からの計画に基づき、コンベア搬送されたチップを樹種毎にチップサイロに受入し、払出しに対応しています。
石炭サイロの操業及び保全、回収ボイラーの操業補助
石炭船からサイロに受入した石炭をベルトコンベアーを使い石炭ボイラーへ供給すると共に、石炭搬送設備の保守点検を行い、安定操業と事故防止を図っています。回収ボイラーでは、パルプ製造工程で抽出した薬液を濃縮し燃料として利用すると共に薬品を回収し再利用しています。また、回収ボイラーを効率よく燃焼させるための補助作業や設備の点検作業も行っています。
ボイラー燃料受入・払出業務
製紙工場では沢山の電力と蒸気を消費しており、自家発電で賄っています。発電用ボイラーでは、大型の輸入船で運ばれた石炭、RPF、製紙スラッジ等を燃料としており、それらの燃料を発電所に供給する業務を行なっています。
バイオマスボイラー燃料投入
大王製紙三島工場では使用する電気を供給するため、ボイラーで蒸気を発生させ発電を行っています。バイオマスボイラーの燃料として使われるRPF、樹皮等を油圧ショベルにより粉砕機に投入、破砕・分別後、ホイルローダでボイラーへ投入します。
ボイラー焼却灰運搬
ボイラー焼却灰はセメントや再生砕石に再利用するため、当社で大型ダンプやジェットパック車に積み込み、リサイクル工場や、埋立地へ運搬しています。

その他の仕事

産業廃棄物収集運搬業務

(産業廃棄物収集運搬業 平成24年許可取得)
製紙工場で発生する産業廃棄物およびグループ会社を中心に、近隣の製紙工場で発生する産業廃棄物を収集運搬する業務を行なっています。

一般貨物運送業務

(一般貨物自動車運送事業 平成24年許可取得)
大型トラック・ダンプによる工場内の貨物移動およびグループ会社を中心に、近隣の製紙工場から原材料の搬送、再資源工場への運搬を行っています。

薬品製造

大王製紙で生産している新聞用紙やPPC用紙等に使用する製紙用薬品の製造を行っています